グループウェアの様々な機能から得られるメリット

main-img

グループウェアとは、組織内の情報を公開、共有し、業務のスムーズな進行、コミュニケーションの活性化の促進といったことに活用できるソフトウェアです。

All Aboutについての情報を提供しています。

主要なグループウェアでは、スケジュール、施設予約、掲示板、ファイル管理、ワークフロー、メールといった機能が装備されています。組織内業務を電子化させることによって、コストの削減というメリットに繋がります。
電子化されることで、ペーパーレス化が促進され、紙そのものや保存場所といった目に見えるコストが軽減します。

業務の効率化によって、従業員の作業時間短縮にも繋がります。



また、グループウェアは、コミュニケーションの活性化を促すことにも活用できます。
メールや電子化された文章へのアクセス、スケジュールや進歩状況の可視化がスムーズになり、効率的に情報交換を行うことが出来ます。


部門間、支社間などでヨコ型のコミュニケーションの構築にも力を発揮し、一見関係がないと見える営業案件でも、開発部門が、新しい施策を行っている場合、その施策が、営業案件のプレゼンに活かせるかもしれません。
別の視点からの情報を取り入れることが可能になることで、別の解決方法を得ることが出来るかもしれません。



グループウェアを導入し、様々な機能を使用することによって、多様なデータを有効に活用できます。

そこから、従業員一人一人が、自発的な研究や分析を行うといったことに繋がれば、円滑な業務環境を整えることが可能になります。

専門知識

subpage1

グループウェアはインターネットの普及、ビジネス利用の一般化とともに爆発的に広がってきました。現在では大企業の8割以上、中小企業でも半数以上のところで導入、活用されているようです。...

more

技術の重要知識

subpage2

グループウェアは現代日本のビジネスにおいてなくてはならないソフトウェアとなりつつあるようです。それは大企業の実に8割が導入、活用しており、中小企業でも半数以上が導入しているという実績からも分かります。...

more

学ぼう技術の事

subpage3

グループウェアは、意思疎通を助ける技術で、チームの纏まりを高めることが出来ます。優れた人間関係は、言葉を交わさなくても意思が伝わると考えがちですが、思い込みや過信は誤解の原因になります。...

more

技術の特徴紹介

subpage4

グループウェアの躍進が止まりません。いまやこのソフトウェアはビジネスの場で必須のものと言っても過言ではない状態で、大企業では8割以上のところで導入されており、中小企業でも半数以上のところで活用されているようです。...

more