グループウェアの基本的な機能とは

グループウェアの躍進が止まりません。いまやこのソフトウェアはビジネスの場で必須のものと言っても過言ではない状態で、大企業では8割以上のところで導入されており、中小企業でも半数以上のところで活用されているようです。


ただ、逆に言えば中小企業では半数近くが、大企業でも一部の企業ではまだ導入されていないのがグループウェア。
これから導入を検討するが、そもそもどんなものかよくわからない、という方もいるのではないでしょうか。

今回は、多種多様に進化を続けるグループウェアの基本的な機能についてご説明します。
このソフトウェアの主目的は情報の共有です。
ですので、社内の情報を共有するために必要な様々な機能が実装されています。

まず必ずあると言っていいのがメール機能。

E-mailとは別に持つことで、社内情報の社外への漏洩を防いだり、回覧機能を使って誰が既読となったか確認するという機能がついていたりします。



掲示板、回覧板といった機能もほとんどのソフトウェアについています。
社内のコミュニケーションの活性化とスムーズな通知には欠かせない機能です。情報共有という点ではスケジュール管理も基本中の基本です。

産経ニュースをさらに詳しく調べてみませんか。

営業の行動管理や営業報告、プロジェクトの進捗管理まで兼ねているソフトウェアもあります。
その他、会議室や設備の管理をする施設管理は、大企業であるほど使い勝手がよくなります。



会議室や社用車の空きを確認するにあたり総務などの手間が大きく減らせるでしょう。


その他、競争が激化している現在では、各グループウェアごとに特色のある機能が実装されているようです。


比較検討の際には自社の業務に適したソフトウェアを選ぶ必要があるでしょう。