ファクタリング会社選びのコツ
2019年4月12日

ノンバンクを利用するメリットとデメリットとは

ノンバンクを利用する際にはそのメリットとデメリットを十分に認識することが必要です。

基本的にはお金を借りるなど様々な場面で非常に利用しやすいものとなっている反面、その審査は基本的に一律であり、経済状態が悪い場合などには銀行に比べて融資を受けにくい状態となることもあるため注意をしなければなりません。しかし、現代では様々な場面に於いて気軽に融資を受けることができると言うメリットもあるため、その違いを十分に認識し効率よく利用することが必要です。

ノンバンクの特徴は預金等を受け付けず、融資やクレジット等貸金業に特化しているところにあります。そのためその審査は基本的に本人の収入や勤務状況など経済的な安定性を評価する場合が少なくありません。また、近年では総量規制による融資の制限などもあるため、利用しやすい反面法律的な規制により一律に評価されてしまうところがデメリットとなっています。

銀行の場合には経済的な安定性のほかに銀行との取引実績など様々な角度から評価され審査が行われるので、取引の多い銀行ほど融資が受けやすくなると言うメリットがあります。しかし銀行は本人の経済状態を十分に把握していることから、一般のノンバンクでは融資を受けることができる水準であっても断られてしまうこともあるのです。そのため場合によってはノンバンクの方が融資を受けやすくなるということがあるのです。その違いを十分に認識して銀行とノンバンクを上手に使い分けることが、効率的に融資を受けるポイントとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *