ファクタリング会社選びのコツ
2019年3月24日

介護・福祉業界のファクタリングとは?

介護報酬のファクタリングとは、国民健康保険団体連合会に請求する介護報酬の前払いサービスです。

介護給付費や自立支援給付は請求から支払いまで2か月先になります。「制度の仕組み上、仕方がない」とあきらめてしまっている事業所が多い現状にありましたが、介護報酬のファクタリングによって早期資金化が可能になってきます。介護給付のみ対象と思われがちですが、近年増加傾向にある放課後デイサービスなど障害児給付費も対象になるケースがあります。資金調達を円滑にすることによって、職員の環境改善や施設のハード面の整備などに注力することも可能になるでしょう。

借り入れと誤解されがちなファクタリングですが、あくまで目的は早期資金化です。不動産を担保にすることなく、健全な施設・事業所運営を目指すことができるでしょう。財務諸表上の負債が発生することがありませんので、今後銀行融資を検討している施設にとっても、負担になることはありません。ファクタリングサービスは、新たに施設・事業所を開設した場合、特に効果を発揮します。

開設から報酬が支払われるまでの2か月間、収入がゼロになってしまうことは大きな負担になってしまいます。そのような事態を回避するため、ファクタリングサービスによって売掛早期資金化を希望するケースが年々増加しているのです。それだけではなく、施設の資金繰りに悩んでいる事業者の資金調達の手段としても幅広く支持されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *