ファクタリング会社選びのコツ
2019年3月18日

快適な資金繰りを実現するファクタリング

多くの中小企業が資金繰りを行う為に利用しているファクタリングは、その利便性から医療や福祉といった業界へも徐々に浸透しつつあります。

医療・福祉の場で必要となってくる人件費や設備投資に掛かる資金に対して、診療報酬等は請求を行ってから実際に手元に振り込まれるまで時間が掛かってしまうので、規模の小さな現場や特に開業したばかりの経営者にとっては解決すべき大きな問題となっています。その際、診療報酬債権ファクタリングを利用することで得られるメリットは非常に多く、一般的にはおよそ80%ほどの掛け目が設定されており、その範囲内なら早い場合だと約1週間ほどで早急かつ多額の資金を調達することが可能になります。

これほどまでにスピーディーな資金調達を実現しているのは診療報酬債権ファクタリングならではの特別な仕組みが影響しており、手続きに必要な書類をベースにして契約を行う方法により細かい審査や確認、その他の手間や時間を要するプロセスをショートカットすることで可能になっています。またその時点での必要な資金額に応じて受け取る額を毎月増減させることも可能なので余分なコストが掛かる心配がないのも魅力の一つです。

もちろん診療報酬支払基金から受ける実際の金額との差額も後日現金で支払われるので報酬の前払いを受ける様な感覚で利用出来、ファクタリングを利用している間に資金繰りの改善を目指すことが叶います。このような理由から、快適な資金繰りの為にファクタリングの需要は上昇傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *