ファクタリング会社選びのコツ
2018年10月12日

ビジネスローンの契約に必要な書類

ビジネスローンは事業を営んでいる人のみが契約できるローンで、一般のカードローンで制限されている事業性資金への利用も認められています。

事業のみにしか利用できないわけではなく、生活決済に利用しても問題ありません。ビジネスローンは一般のカードローンの拡張版だと思っておけばよいでしょう。利息を経費にすることもでき、総量規制の対象外で限度額も上がりやすく、限度額が上がれば金利も下がりやすくなるという、自営業者にとってみればメリットしかないローンです。

ビジネスローンを契約するためには事業を営んでいることを証明できなくてはなりません。そのため事業を開始して間もない自営業者や会社員では契約することができないローンです。昨年度の事業収入や本年度の事業収入、来年度の予定などを記入した事業計画書の他、事業を証明するために取引先からの発注書などが必要になります。

この際発注書の額面は審査に影響は及ぼしません。登記簿などは必要ないため、法人化していない個人事業主でも利用することができます。まとまった金額での契約になることがほとんどですので、確定申告書など収入を証明できる書類も必要です。

いくら総量規制の対象外と言っても年収を大きく超える貸し出しをすることはできません。年収と判断される金額は売り上げなど収入から経費を引いた「所得」ですので、経費を多く計上している人は必然的に所得が低くなるため、借り入れできる金額も低くなってしまう点に注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *