ファクタリング会社選びのコツ
2018年9月21日

ノンバンクと銀行の違いについて

ノンバンクと銀行の違いとしては預貯金業務の有無がもっともわかりやすいものです。

銀行では預かったお金を使って企業などに資金を融資するなどして金利をとって運用することが業務となっていますが、ノンバンクの場合には自己資金の中から企業などに融資、つまりお金を貸し付けて金利を得ることで利益を出します。

また銀行の場合には銀行法によって定められており開業するにも免許制となっており開業するまでには相当の資金と準備が必要ですが、ノンバンクは貸金業者であるため貸金業法によって定められ登録制となっており、銀行よりも開業しやすいメリットがあります。一方でこのように開業しやすいノンバンクであるため、その種類は千差万別です。

中小の金融業者もあれば大手もあります。大手になると上場企業となっているところもあり、銀行とのつながりも深く業務そのものが銀行と変わらないようなところもあります。またお金を貸し付けるだけでの金融業者のほかにも信販会社かリース会社なども含まれます。ノンバンクはその性質上、銀行と比べると金利が高い傾向にあります。

特に中小になるほど高めですが、そのぶん借りやすさを売りにしているところもあり、銀行を利用することができない中小企業にはつなぎ融資の一定の需要があります。また金利が全般的に高い傾向にあるといっても、大手の中には銀行よりも低めの金利を設定しているところもあり、一概にすべてが高いとはいえません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *