ファクタリング会社選びのコツ
2018年9月15日

ノンバンクの利用に危険性はないか

ノンバンクを利用するときに気になる危険性ですが、全体で考えれば正式に許可を得て経営されている金融機関ですので問題はありません。

ただし、借りたものは返さなければならず、金利も発生します。銀行と比べれば金利は高くなるのが一般的で返済の負担は大きいです。また、審査に通りやすいことから安易な借り入れをしてしまうため、利用者が計画的な利用をしなければ債務整理に陥る危険性はあります。

このような無計画な利用を防止するためにノンバンクは年収の3分の1までしか借りることができない総量規制がありますが、金遣いが荒ければこの制限があっても返済不能になります。総量規制は貸金業法であり、クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法なので対象になりません。

そのため、この2つを合わせると支出が非常に大きくなることがあります。ノンバンクにも大手と中小がありますが、通常は大手を使った方が良いです。信頼性や利便性が高いので、わざわざ中小に申し込む必要性はありません。

大手の審査に通らないときに中小を試すことになりますが、ここが問題になります。借りられずに困っている人が利用するので、それを標的にしている悪徳業者が正規業者を装って勧誘している場合があります。騙されてしまうと法外な金利が適用され、返済の負担が大きくなります。

強引な取り立てもしていますので、申し込みをする前に正規の業者であるのか、登録情報と公開されている情報が一致しているかなどの確認が必要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *