ファクタリング会社選びのコツ
2018年9月9日

ノンバンクでお金を借りるということ

ノンバンクでお金を借りるというと特別なことのような印象がありますが、実際にはかなり身近なものです。

預金業を行っておらず、融資が中心の金融機関をまとめたものなので適用範囲は広く、例えば消費者金融だけでなくクレジットカードのキャッシング枠も含まれています。どのような金融機関でも認可を受けて営業していますので、計画的な利用を心掛けていれば危険性のないものです。

ノンバンクを利用するときに影響のある総量規制ですが、これも自分が何の目的でお金を借りたいのか、ということを考える必要があります。目的の定まっていない自由に使えるローンは無計画に利用される危険性が高いのでこの規制の対象になりますが、一部の目的に用途が制限されているものであれば対象外になるため、年収の3分の1を超えても借り入れが可能です。

元々総量規制は利用者を保護するためのものなので、例えば医療費のローンが組めなかったので病気が悪化して手遅れになった、などになるのは問題です。そのため、ノンバンクの借り入れでも対象外になるものがありますので、借りるときには専用のローンが用意されていないか確認しておきましょう。

ただし、その目的以外に借りたお金を使用することはできません。例えばデンタルローンの場合、不正に使用されることを防ぐために金融機関から歯科に直接入金するものもあります。申し込みの際にも用途を証明するための書類を提出する必要があるので手間がかかります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *