ファクタリング会社選びのコツ
2018年8月24日

ファクタリングを利用する利点と注意点について

ファクタリングは所有する手形などの売掛債権を第三者の業者が買い取る行為を指します。

企業や団体が所有する売掛債権は資産として扱われる一方、現金化するまで時間がかかる問題があります。業種によっては商取引の際にまとまった額の現金が必要になることもあるため、ファクタリングは短時間で現金を得る方法として特に中小企業や小規模の個人事業主の間で広く普及しています。ファクタリングは必要な金額の現金化を早急に行う行為としての利点がある一方で、業者による買い取りになるため債権の額面よりも低い金額になる点を注意する必要があります。

また、売却することで債権に関する権利は業者に移動するので併せて注意します。ファクタリングは業者によって同じ債権でも査定額が異なる他、現金化するまでの時間もそれぞれ異なります。複数の業者を比較したうえで、最も利用しやすく信頼できる所を選ぶことが安心して取引を行うための心得です。

稀に査定額を当初の見込みよりも大幅に下回って提示する業者も存在するので事前に詳細を確認することが大切です。また、ファクタリングを利用する側も現金化できない不良債権の持ち込みや一つの債権を複数の業者に売却して不正に現金を得るなどの行為は避けることが社会的なマナーになります。商取引は双方に信頼関係が構築されて初めて健全に行うことが可能になるので、手続きミスや不正が生じないように日頃から細心の注意を払うように心がけます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *