ファクタリング会社選びのコツ
2018年8月21日

ファクタリングの注意点と業者を選ぶ際の心得について

企業間の取引で多用される手形などの売掛債権は資産として扱われる一方で現金化の手続きに時間がかかる問題があります。

業種によっては常に一定額の現金を所有している必要があるため、業務の効率性を大きく左右することもあります。ファクタリングは売掛債権を第三者に売却して現金化する行為を指し、通常の手続きと比べて短時間で現金化できる利点があります。また、売却後に不渡りなどのトラブルが生じても回収の責任は買取を行った業者に移行しているので、猥雑な手続きを行う手間が省けるのもメリットになります。

その一方でファクタリングは債権に関する権利を相手に譲渡する行為なので、再び手元に戻すことは通常は出来ない点を注意する必要があります。また、債権の額面よりも低い価格で査定されるので、場合によっては複数の債権を売却するケースもあります。ファクタリングに使われた債権は買い取った業者が額面の金額を回収します。そのため、事前に債務者に対して債権の売却を伝えておくことが社会的なマナーです。

ファクタリング業者を選ぶ場合、査定額の高さや手続きの簡易性に加えて情報管理に対する姿勢も重要な選択肢になります。債権に記載されている個人情報を外部に流出させないように情報管理を徹底している堅実な業者を選ぶことがスムーズに手続きを進めるための条件です。また、社会的な信用も大きく関わるので、ファクタリングを行う際は必ず業者の評判や実績などを確認することが事業主に求められる心得になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *