ファクタリング会社選びのコツ
2018年8月3日

ファクタリングの詳細について

企業では商品やサービスの対価を取引先から、すぐに受け取れるわけではありません。

売掛金を計上して、翌月にまとめて1ヶ月分の支払をしてもらうという商慣習が根付いています。そのため、売上が発生しても、実際にキャッシュが入って来るのは翌月以降ということになります。一方で、すぐにまとまった資金が必要になることもあるでしょう。取引先企業に事情を説明して早めに支払をしてもらえれば理想的ですが、なかなかそうも行かないのが現状です。

そこでファクタリングのサービスが注目を浴びています。ファクタリングは企業が持っている売掛金債権を買い取ってもらうことができるサービスです。通常であれば翌月以降まで、現金化できないはずの売掛金債権をすぐに現金に換えることができます。そのため、ファクタリングを利用することで資金の流動性を高めることが可能になるのです。設備投資なども盛んに行えるようになるでしょう。ファクタリングを利用する際には、審査があります。

審査では申込をした企業の財務状況だけでなく、取引先企業の財務状況も見られることになります。売掛金が確実に回収可能かどうかを判断するためです。また、長く取引をしている企業の売掛金でないと、買取の対象にはなりません。そういった条件をクリアして初めて売掛金の買取が実現します。また、買取価格は売掛金の額面価格よりも低くなるのが一般的です。差額分は利息に相当する金額だと捉えるといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *