ファクタリング会社選びのコツ
2018年7月18日

ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングと呼ばれるサービスは資金調達のために使用されることのある方法の1つです。

事業を行っている場合など、ある程度まとまった金額が必要になった場合においては、金融機関等からの融資によって不足する資金を賄うと言う事はよくあることです。このような段階において金融機関と良好な関係を構築している場合にはスムーズに融資を受けることができるケースが少なくありませんが、何らかの事情ですぐに融資を受けることが難しい場合には別の方法で資金調達を考えなければなりません。そのための方法として知られているのがファクタリングなのです。ファクタリングは融資ではありません。

お金を借りるのではなく債権を売却すると言う形で即時的に資金調達するということが可能になる仕組みのことを言うのです。債権と言うのも一般的には売掛債権のことを意味します。請求書を出して請求中である金額について、その入金日を待たずに現金が必要な場合に選択可能な方法なのです。いずれ入ってくるお金を受け取る権利を売却することによってすぐに現金を入手するという仕組みがファクタリングの本質であるといえます。

このようなサービスも慈善事業ではありませんので、受け取ることのできる金額よりも安い金額で売却することになるのが基本となります。このようなサービスには一定のリスクが残りますので、手数料にあたる分を減額して売却しなければならないことになるでしょう。このような仕組みを利用してても資金調達が必要な場合には有効な手段であると言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *