ファクタリング会社選びのコツ
2018年7月15日

ファクタリングは最後の手段

ファクタリングは、銀行融資が受けられない時の最後の手段であると言われています。

ファクタリングの会社にもよりますが、手数料が5%~25%程度かかってくるため、消費者金融で借りたケースよりも負担が大きくなることも多いです。業者によって手数料が大きく異なるので、しっかりと比較をしておきましょう。また、取引先の企業が倒産をした時のリスクをどちらが負っているかということも確認をしておきましょう。

倒産リスクを自社で負う場合には、手数料を減らせるというメリットもあるので、回収できる可能性の高い売掛金を売却する時には、リスクを負っておいたほうがよい場合もあります。最近では、ソーシャルレンディングという新しい資金調達の方法も登場しています。ソーシャルレンディングでは、お金を貸したい投資家と、お金を借りたい企業とをつなぐサービスのことであり、銀行ほどではないものの、低金利でお金を借りられる可能性があります。

こういった新しいサービスについても検討をしてみましょう。一時的な資金難を乗り切るために、ファクタリングを利用することは悪くありません。しかし、慢性的な資金難に陥っている場合には、根本的に経営状態を改善できる手を考えないと、いずれは倒産をしてしまいます。ファクタリングを利用したものの、そこから抜け出せなくなり、毎月高い手数料を取られ続けて、結局は倒産してしまうということになってしまうよりは、早い段階で倒産を決断したほうが良い場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *