ファクタリング会社選びのコツ
2018年7月12日

ファクタリングとはどのような事業か

医療や介護などの分野では、サービスを受けるべき人の福祉的観点から、行政が様々な援助を行なっています。

そのため治療や介護を要する人は、費用の一部を自己負担し、残りは行政からの支援を受けています。ただし行政からの支援は、治療や介護を要する人にではなく、治療や介護を施した業者が受け取る仕組みになっており、その報酬は業者がサービスを提供した翌々月末にまとめて支払われます。そのため治療や介護を行なったのが月初だとすれば、最長で3ヶ月もの間支払いを待たなければならないという問題が生じます。

医療や介護サービス事業者が新規参入者であったり、潤沢な資金を持たない場合、あるいは銀行などとの間で有利な条件での借入れが出来ない場合など、こうした報酬の受け取りの遅れは資金繰りに直接的に影響する問題でもあります。こうした背景から生まれた金融サービスが、ファクタリングです。ファクタリングとは、単純化すれば医療や介護サービスを行なった業者の債権を買い取る、というものです。

ファクタリング会社と契約した医療・介護事業者が治療や介護を行なった場合、例えば月末で集計し翌月に、ファクタリング会社が報酬を肩代わりします。そしてファクタリング会社は、行政からの支払いを代わりに受けるという仕組みです。すなわち医療・介護サービス提供事業者の売掛金を、その事業者に成り代わり管理回収することで、医療・介護サービス提供者が直面する経営上の問題解決を行なう金融サービスということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *