ファクタリング会社選びのコツ
2018年7月3日

ファクタリングでキャッシュフローの改善を実施

景気後退により資金繰りに悩まれる経営者の方も増えてきています。

事業資金が枯渇してきても、現実的に新たに金融機関から追加融資を行うにしても、審査や手続きの面で難しい部分があるのも事実ではあります。ファクタリングサービスを実施して売掛金の早期現金化を実施していけば、企業のキャッシュフローは劇的に改善をしていきます。銀行のように融資を受けるにあたって担保の提供を求められることも無く、連帯保証人を要求されるようなこともありません。企業が保有する売掛金を提示するだけで、即現金を手にすることが可能となっていくのです。

未だにファクタリングサービスを利用するのに法外な手数料が掛かると考えておられる経営者の方もいらっしゃいますが、それは大きな誤解です。ファクタリングを利用するにあたっての手数料は1割程度で済む場合が殆どになっています。事業資金が無いとは言っても、経営は継続していかなくてはいけませんし、従業員への給与も支払ってはいけないものです。当座の資金が困ったからといって、社員に不安な感覚を与える訳にはいかないはずです。

ファクタリングを利用することは、売掛金の支払いサイトを短縮していくということです。バランスシートの中の売掛金が早期に現金になることは、財務諸表を健全にしていくことにも繋がっていきます。もちろん、譲渡した売掛債権の取引先が倒産したような場合でも、譲渡代金が請求されるようなこともありませんので安心してください。資金繰りに悩むより、手持ちの売掛債権のファクタリングで早期に現金を得て健全な経営を実施していくように心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *