ファクタリング会社選びのコツ
2018年6月30日

ファクタリングのメリットとは

ファクタリングとは、サービスの提供が終了しているにもかかわらず、先方の都合によりその代金が支払われていない債権をファクタリング業者が何割かで買取り、その代金を支払うと言う仕組みです。

資金調達法のひとつとして、特に保険が絡んでいる介護や医療業界において多く利用される傾向にある仕組みです。ファクタリングのメリットとして、まずは通常2ヶ月を要する保険給付金を、最短で即日、どれだけ長くても数日内に手にすることができると言う点が挙げられます。通常で支払われる保険給付金の何割かが買い付けされ、更に手数料が必要となるので、入ってくる金額は少なくなってしまいます。

ですが2ヶ月待たなければならないものが、数日、即日で済むと言うのは、特に資金繰りが苦しい事業者や新規参入したばかりの事業者にとっては、非常に魅力的なことです。それから資金調達法には、他にも融資と言う方法があります。ですが融資に関しては貸し借りの関係なので、返済する必要があります。また利息も発生し、返済が遅れた場合には利息分だけで高額になってしまうことも予想されます。

そして融資は、事務的な扱いとしては債務扱いになるので、会社の業績にも与える影響が懸念されます。ですがファクタリングは、サービスの提供が終わっている、その部分に対して発生が確実になっている利益を先取りすると言う仕組みです。そのため返済の必要はなく、利息も発生しません。債務扱いにもならないので、会社の業績に与える影響も最小限のもので済むので、この点もメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *